上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ハコニワークスの世界には、主人公が雇った傭兵以外にも様々な傭兵が存在します
ここでは本編には登場しなかった、そんな傭兵の趣味満開の裏設定をゲーム風に紹介致します



~サツマウォーリア~

遥か遠くの国から流れ着いた狂戦士。

故郷の火山灰降り注ぐ不毛の地という厳しい環境を生き残り、
激しい修行を行う一族の武士である。
野太刀による一撃必殺を信条としており、もし一太刀目をかわされた際には、
次の味方の邪魔になる為、斬られる事も辞さない。

この傭兵を雇うには、東の地に縁のある人物を幹部として雇用する必要がある。
また、カチウォーリアを進化させる事によっても得られる。

この傭兵は非常に攻撃色が強く、野太刀による突撃では、
敵が壊滅するか味方が全滅するかのどちらかである。
勝てば最大の戦果を得られる反面、負ければ最大の被害を被るため、
非常に扱いの難しい傭兵な上、コストも高いので注意が必要。
平時では、技能の治水工事によって街の災害リスクを減少させる事ができる。

費用★★★★
戦力★★★★★
士気★★★★★
技能 治水工事
スポンサーサイト
2014.03.28 Fri l ハコニワークス l コメント (0) トラックバック (0) l top
ハコニワークスの世界には、主人公が雇った傭兵以外にも様々な傭兵が存在します
ここでは本編には登場しなかった、そんな傭兵の趣味満開の裏設定をゲーム風に紹介致します



~ハタモトウォーリア~

遥か遠くの国から流れ着いた主君直属の武士

戦乱時、主君直属の家臣として国政に関与し、戦闘時には本陣を守るなど、主君から大きな信頼を得ていた。
そこで信頼のおける家臣を外の国へ派遣することで、外の世界への見聞を広げる活動が盛んに行われた。

このハタモトウォーリアはそうした活動の一環として、見聞を広げるために新大陸に派遣された。

この傭兵を雇うには、東の地に縁のある人物を幹部として雇用する必要がある。
また、カチウォーリアを進化させる事によっても得られる。

槍を装備していないため、対騎兵ボーナスが無くなってしまった代わりに、
騎兵として扱えるようになった為、決戦兵力として活用できる。
非常にコストの高い傭兵だが、高い突撃能力と防御力で重宝するだろう。
平時では、技能の奉行之心得によって駐留する街の治安と税収にボーナスを与えてくれる。

費用★★★★★
戦力★★★★
士気★★★★★
技能 奉行之心得
2014.03.27 Thu l ハコニワークス l コメント (0) トラックバック (0) l top
ハコニワークスの世界には、主人公が雇った傭兵以外にも様々な傭兵が存在します
ここでは本編には登場しなかった、そんな傭兵の趣味満開の裏設定をゲーム風に紹介致します



~カチウォーリア~

遥か遠くの国から流れ着いた下級武士

故郷の国での戦乱の時代が終結し、諸侯の家臣の多くは暇をもてあます事となった。
そこでいくつかの諸侯領では、傭兵を輸出し外貨を稼ぐ傭兵産業が盛んに行われた。

このカチウォーリアはそうした傭兵産業の一環として、
新大陸へ輸出された下級武士の傭兵である。

この傭兵を雇うには、東の地に縁のある人物を幹部として雇用する必要がある。
また、ローニンウォーリアを進化させる事によっても得られる。
(進化の場合、主君は雇用主になるため士気にボーナスが付く。)

槍を装備しているため対騎兵ボーナスが大きく、防具も装備しているため、
ローニンウォーリアの弱点でもあった防御力を克服した、非常にバランスのいいユニット。
騎兵と白兵相手に大きな力を発揮するため、銃兵を守れる位置に布陣するといいだろう。
平時では、技能の同心之心得によって駐留する街に治安ボーナスを与えてくれる。

費用★★★
戦力★★★
士気★★★
技能 同心之心得
2014.03.26 Wed l ハコニワークス l コメント (0) トラックバック (0) l top
ハコニワークスの世界には、主人公が雇った傭兵以外にも様々な傭兵が存在します
ここでは本編には登場しなかった、そんな傭兵の趣味満開の裏設定をゲーム風に紹介致します



~ローニンウォーリア~

遥か遠くの国から流れ着いた流浪の武士

故郷の国での戦乱の時代が終わり、諸侯が多くの家臣を必要としなくなった事や、
戦乱の時代を終結させた幕府と呼ばれる組織が多くの諸侯を取り潰したため、
主君を持たない多くのローニンウォーリアが生まれた。

そうしたローニンウォーリアのいくつかは、残り少ない自分の資産を削り、
船に乗って新たな主君を探しにこの新大陸にやってきたようだ。

この傭兵を雇うには、東の地に縁のある人物を幹部として雇用する必要がある。
安価な雇用費と維持費、高い攻撃力が魅力だが、防具を装備していないため防御力には難がある。
そのため有利な戦況や、攻勢の際には大きな力になるが、守勢に回ると脆い為、注意が必要。
ローニンウォーリアの上級職も存在するため、このユニットは序盤の補助戦力として割り切ろう。

費用★
戦力★★
士気★★
2014.03.25 Tue l ハコニワークス l コメント (0) トラックバック (0) l top
ハコニワークスの世界には、主人公が所属する北方王国以外にも様々な国が存在します
ここでは本編には登場しなかった、そんな国々の趣味満開の裏設定を紹介致します その7



~雪原帝国~

北方王国の東に位置し、旧大陸の未開拓地域を支配下に置く巨大な帝国

国境付近は非常に過酷な地域であるため、他国との国交はほとんど途絶えている。
そのため他国からは田舎とされ、違う文化圏と考えられている。

そのほとんどが雪の降り積もる寒冷地帯であるが、
南には肥沃な穀倉地帯が広がり、北の未開拓地域には旧文明の遺跡が多くあり、
旧文明の遺産を利用した独自の技術が存在する。

軍部は完全貴族制であるため、平民からなる兵士の士気は総じて低くやる気が無い。
また、歩兵の装備も他国に比べると古いものが多い。
しかし、砲兵には力を入れており、強力な大砲が数多くある。

「我々は彼らの情報のほとんどを知り得ておらず、
また、彼らの土地に入り生きて帰ってきた者はいません。
彼らとの接触は極力控えるべきです。」

海軍 ?
陸軍 ★★★★
経済 ★
2011.12.29 Thu l ハコニワークス l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。