上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top


~設定~

雪原帝国の騎兵。

雪原帝国では、文武官として一定以上の階級を得ると貴族になれる制度がある。
彼女の父もその制度によって、一代貴族(土地も農奴も持たず世襲出来ない貴族)であったため、
自らも貴族位を得るため仕官することを決意する。

士官学校時代では、世襲貴族出身である同期の首席にやたら突っかかっては決闘を挑むなど、
問題児であったため周囲から孤立していた。
卒業後も作戦中に独断専行をしたりと協調性に乏しく、味方からはぐれる事が多々あった。

ラユーシャはどちらかといえば新皇帝派であり、同期の首席は旧女帝派であったため
同期の首席はライバルだと思っている。

そんなライバルこと同期の首席(ヤーニャ)は新大陸へ渡ってしまった。
2015.09.05 Sat l l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sayonarananoda.blog91.fc2.com/tb.php/129-f419ad2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。