ハコニワークスの世界には、主人公が所属する北方王国以外にも様々な国が存在します
ここでは本編には登場しなかった、そんな国々の趣味満開の裏設定を紹介致します 第4弾



~低地共和国~

複数の商業都市から成り立つ商業国家。

国土は狭く、そのほとんどが低地であったため、少ない土地を活用する技術や
貿易を中心とした商業が発展していった。
そのため商人が非常に大きな力を持っており、巨大な商人ギルドが国政のそのほとんどを担っている。

彼らは商売のためならばどのような相手とも手を組み、また時として国家間の調停者として名乗りでる。
しかし、かつてこの国は海洋帝国から独立してできたという歴史や
この国が商業の神を信仰している事から、海洋帝国とは仲が悪い。

造船技術は非常に高く、数は少ないものの強力な戦列艦や多数の優秀なフリゲートを保有している。
また海運規模は列強最大で、その多くが武装商船である。

「彼らは取引の際に公平さを謳いますが、注意しなくてはなりません。
なぜなら彼らは非常に狡猾で油断のならない商人であり、
気付いた時には富を独占されているでしょう。」

海軍 ★★★★
陸軍 ★
経済 ★★★★★
2011.12.13 Tue l ハコニワークス l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sayonarananoda.blog91.fc2.com/tb.php/29-00741cee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)