ハコニワークスの世界には、主人公が所属する北方王国以外にも様々な国が存在します
ここでは本編には登場しなかった、そんな国々の趣味満開の裏設定を紹介致します その6



~辺境公国~

旧大陸に数多くある領邦国家のうちの一つ

前身は駐屯騎士団領と呼ばれる国家であったが、存在意義が薄れ解体された。
主だった産業は傭兵の輸出であり、新大陸に勢力を伸ばす各列強に兵力を供給している。

海軍は64門艦が2隻とフリゲートが数隻と大国と比べると圧倒的に規模は小さいが、
諸領邦国家の中においては規模の大きい方である。

「新大陸では有事の際、彼らは非常に心強い存在となるでしょう。
しかし忘れてはなりません。敵にも彼らが居るということを!」

海軍 ・
陸軍 ★★
経済 ★
2011.12.22 Thu l ハコニワークス l コメント (0) トラックバック (0) l top
ハコニワークスの世界には、主人公が所属する北方王国以外にも様々な国が存在します
ここでは本編には登場しなかった、そんな国々の趣味満開の裏設定を紹介致します NO.5



~神聖帝国~

様々な種族、様々な民族からなる陸の帝国

選挙君主制の国家であり、貴族のみからなる帝国議会によって皇帝を選出していたが
現在ではほぼ形骸化しており、大貴族によって皇帝位はほぼ独占、世襲化されている。
その支配地域は広く、皇帝の権力が届かない地域も多い。

異教の大国と接しており、戦い続きであるため強大な陸軍を持っている。
新大陸における入植は難航しており、列強の中で出遅れている。

海軍には力を入れておらず、保有する戦列艦は老朽化したものが多い。
しかし、海兵は海の民や種族で編成されているため錬度は高い。

「彼らは新大陸においては取るに足らない存在です。
ですが旧大陸においては絶大な影響力をを持ちます。
もし彼らの機嫌を損ねたのならば、本国が無事である保証はありません。」

海軍 ★★
陸軍 ★★★★★
経済 ★★
2011.12.16 Fri l ハコニワークス l コメント (0) トラックバック (0) l top
ハコニワークスの世界には、主人公が所属する北方王国以外にも様々な国が存在します
ここでは本編には登場しなかった、そんな国々の趣味満開の裏設定を紹介致します 第4弾



~低地共和国~

複数の商業都市から成り立つ商業国家。

国土は狭く、そのほとんどが低地であったため、少ない土地を活用する技術や
貿易を中心とした商業が発展していった。
そのため商人が非常に大きな力を持っており、巨大な商人ギルドが国政のそのほとんどを担っている。

彼らは商売のためならばどのような相手とも手を組み、また時として国家間の調停者として名乗りでる。
しかし、かつてこの国は海洋帝国から独立してできたという歴史や
この国が商業の神を信仰している事から、海洋帝国とは仲が悪い。

造船技術は非常に高く、数は少ないものの強力な戦列艦や多数の優秀なフリゲートを保有している。
また海運規模は列強最大で、その多くが武装商船である。

「彼らは取引の際に公平さを謳いますが、注意しなくてはなりません。
なぜなら彼らは非常に狡猾で油断のならない商人であり、
気付いた時には富を独占されているでしょう。」

海軍 ★★★★
陸軍 ★
経済 ★★★★★
2011.12.13 Tue l ハコニワークス l コメント (0) トラックバック (0) l top
ハコニワークスの世界には、主人公が所属する北方王国以外にも様々な国が存在します
ここでは本編には登場しなかった、そんな国々の趣味満開の裏設定を紹介致します 第3弾!



~諸島連合~

旧大陸の複数の島国からなる連合国家。

1人の王が複数の国家の君主を兼ねているが王権はそこまで強くなく、議会が大きな力を持っている。
また、海上交易が盛んで新大陸においても多くの入植地があり、独自の経済圏を形成している。
非常に強引な外交手段をとることが多く、周辺諸国とのいざこざが絶えない。

様々な国が集まっているということもあり独特な兵が多く、山岳高地出身の戦闘民族や
大弓を扱う森の民、丘陵地帯出身の優秀な軽騎兵などが居る。

諸島を行き来するという特性上から、比較的小さな小回りの効く船が好まれている。
保有する戦列艦は海洋帝国のものに比べ比較的小さなものが多いが、その数は列強一。

「彼らとの条約にNOと返事をする時は、覚悟を持たなければなりません。
なぜなら、次の日にはあなたの港は彼らの海軍によって封鎖されているからです!」

海軍 ★★★★★
陸軍 ★★★
経済 ★★★★
2011.12.12 Mon l ハコニワークス l コメント (0) トラックバック (0) l top
ハコニワークスの世界には、主人公が所属する北方王国以外にも様々な国が存在します
ここでは本編には登場しなかった、そんな国々の趣味満開の裏設定を紹介致します その2




~大陸王国~

旧大陸のほぼ中央に位置する大国。

聖職者、貴族、平民の代表者からなる身分制議会があるが、王権が強くほぼ形骸化している。
また、地理的条件から隣国との争いが絶えず、戦費として重税を課しているため国内情勢は不安定。
新大陸の開拓は積極的であり、結果として商人たちが力を付け始めている。

彼らの造船技術は高く、優秀な戦列艦を保有している。
しかし、彼らは制海権よりも作戦目的を達成させることを好み、また極度に消耗を嫌っているため
艦隊戦には消極的で、非常に逃げ足が速い。

「彼らの海軍と洋上で遭遇したのならば、決して近付いてはなりません。
なぜならマストだけを折られ、海の真っただ中に置き去りにされるからです。」

海軍 ★★★
陸軍 ★★★★
経済 ★★
2011.12.07 Wed l ハコニワークス l コメント (0) トラックバック (0) l top